カテゴリー
未分類

サッカー日韓戦 日本快勝も、眠れる虎は牙を磨く

日韓戦。久しぶりに、その言葉の響きがサッカーファンの心を揺らした。

3月25日、日産スタジアムで国際親善試合、日本代表対韓国代表の試合が行われ、ホームの日本がおよそ10年ぶりとなったベスト(海外勢を含んだ)メンバー同士のAマッチを制した。

前半17分、フル代表初出場となった山根のゴールで先制すると、その10分後には鎌田大地、さらに後半38分にはセットプレーで遠藤航がゴールを決め、3-0で日本が勝利を手にした。

今回のゲームでキャプテンを務めた吉田麻也は「日韓戦はある意味、W杯よりも大事な試合」と語っていた。そして入場時からの険しい表情は、その言葉通り試合への決意が表れていた。

主力選手が試合後に涙をみせた、アメリカW杯アジア最終予選で勝利して以降、共にアジアのトップとして「互角のライバル」としての関係性が築かれてきたサッカー界においての日本、韓国の両国。通算80戦目となった今回のAマッチでの勝利により、より日本の優勢が印象付けられたかもしれない。だが、今回、さらには同じく海外勢もメンバー入りした10年前の札幌での勝利も、あくまでも親善試合だ。幾度となく強さを発揮してきた「タイトルマッチ」での韓国に勝利しない限り、手放しでは喜べないだろう。

思い出されるのは、今もなお、痛恨の歴史だ。

ドーハでの勝利の翌年、広島で開催されたアジア大会ではベスト8で両国がぶつかり、地元開催で優勝が至上命題となっていた日本を韓国が3-2で降している。また、フランス杯アジア最終予選でも、圧倒的に日本が有利とみられていたホームでの試合だったが逆転で韓国が勝利し、日本は屈辱を味わうとともに、予選突破への希望を一気に見失う結果に。

さらにA代表のみならず、五輪世代の戦いでも繰り返し、辛酸を舐めさせられている。前園、城、川口らの活躍で五輪切符を掴んだアトランタ五輪最終予選、決勝では接戦を演じるも1-2で韓国の前に屈している。また、記憶に新しい、2012年ロンドン五輪では3位決定戦を争い、ここでも0-2で力負けで涙をのみ、銅メダルをさらわれてしまった。3年前のジャカルタアジア大会でも、決勝で金メダルを争うも、ソン・フンミン、イ・ウンスといったオーバーエイジに率いられた韓国が勝利への執念をみせ、延長の末、2-1で勝利、ここでも頂点の座には韓国が君臨した。

大会や予選などを通しての極めて重要なゲームでは尽く、日本の前に立ちはだかってきた韓国代表。先日の敗戦は親善試合のワンマッチとはいえ、韓国国内でも大きく取り上げられていると伝えられている。だからこそ、隣国の「虎」はその牙をより鋭利に磨き始めているはずだ。無論、次の日本との対戦を見据えて。日本と韓国の次戦、可能性があるとするならば、2022年カタールW杯最終予選か。(佐藤文孝)

カテゴリー
未分類

2年目の飛躍へ、奥川恭伸に求められる勇気

「悔いが残り納得が行かない」

3月14日、オープン戦で初先発した東京ヤクルトスワローズ奥川恭伸の試合後のコメントだ。予定していた3回を投げ切る前にマウンドを降りたことへの、正直すぎる感想を吐露している。

初回の立ち上がりで3失点、その後は2回を3人で打ち取るも、3回は安打と四球でランナーをためたところで交代を告げられている。あとアウト一つがとれず、本人のみならず観ている我々ももどかしさが残る結果となった。

この日浮き彫りとなった課題は、ボールのキレやコントロールではなかった。既に伝えられているように、打者の内角へのボールがみられなかったこと、それにより投球の幅を狭めてしまっていた。捕手のリードにもよる部分は大きいとはいえ、終始、球筋は真ん中から外を辿り、結果としてドラゴンズ打線に狙いを定められることに。初回の平田のライトへの本塁打や、3回の高橋、ビシエドの連打といった打ち込まれたシーンはもちろん、アウトに取った打者に対しても、易々とバットに当てられていたように感じられた。

特に象徴的だったのが、根尾昂との対戦の場面。最後はセンターフライに打ち取るも、そこに至るまで敬12球を投げ、追い込んだ後もをファウルで粘られている。ここでも真ん中付近のコースばかりで、幅の狭い中での投球となった為、打ち取るまでに球数を擁してしまっていた。ストレートで押し続け、球威では勝っていたものの、「仕留めきれない」印象が強く残る投球内容だった。

もちろん、インコースへのボールが殆どみられなかったことは、奥川本人も課題として身に染みているはずだ。それ故の悔しさに溢れた冒頭のコメントであり、次回登板では間違いなく、広いコースでの投げ分けが行われるだろう。また、ドラゴンズ戦ではストレートの球威は回を追うごとに増していき、スライダー、フォークといった変化球は全て、見事なまでのキレを放っていた。足りなかった部分と言えば、打者の近めに投げ込む「勇気」だけだ。それこそがプロ2年目を戦う若武者が超えなければならない課題だ。そしてその課題をクリアした時、いよいよ潜在能力を存分に発揮できることと、信じたい。

昨年、シーズン最終戦でプロ初登板し、自責点5で完膚なきまでにK.Oされたことは記憶に新しい。だが、既に「プロの洗礼」は充分に受けている。2シーズン目は、さらに多くのチャンスを掴み、結果を残していくだけだ。首脳陣、さらには多くのファンの期待は開幕1軍、開幕ローテ入りへ向けられている。若き「エース候補」、奥川恭伸はその想いに応えるだけの力は間違いなく持っているはずだ。悔しさをバネに、背番号11は更なる飛躍を遂げる。(佐藤文孝)

カテゴリー
未分類

チケットと歓声を求めて。2008年、真夏の北京(後編)

北京滞在3日目、お昼頃。「我欲棒球 券」そう書かれた紙を掲げ、野球競技会場周辺に立っていた自分に、大会スタッフと思われる女性が歩み寄ってきた。「すぐに紙をしまい、立ち去るように」そう、声をかけられるものだと身構えていたが、英語で発せられた言葉は、意外な内容だった。

「あなたは日本人ですよね。(転売屋は)きっと、あなたに対して、高い値段で売ろうとします。今はまだ、チケットを買わないほうが良い。夕方、試合開始前に来れば、より安くチケットを購入出来ますよ」

聞き取れた内容は、こんな感じだった。まさか、大会公式スタッフから、ダフ屋に対するアドバイスを受けることとは。驚いたものの、無論、アドバイスを参考にさせてもらうことに。一旦、「チケット求む」を取り下げ、夕方まで時間を過ごすことにした。

その後、やや涼しくなってきた時間帯に再び、同じ場所で紙を胸に、路上で待つ。すぐに強面の大柄な男性が近づいてきた。自分の隣に立つと、持っていたセカンドバックを開き、中身をみせてくれた。そこには数十枚とも思えるオリンピックチケットが。あまりにも「スムーズに」展開が進んだことに驚くも、動揺することなく、お目当てである『野球 日本対オランダ』の観戦チケットを探していることを伝える。男性はチケットの束から「これか?」という感じで、「これ」を取り出した。それだった。値段の交渉に入ると、すぐに電卓だったかで数字をみせられ、その値段で購入することに。定価の10倍程度、さほど安いとも思えなかったが、競技が観られる喜びと、旅先でチケット購入に至るまでのプロセスの興奮により、即断となった。

五課松球技場の鉄骨を組み合わせて作られていた、外野観戦スタンドの真ん中あたりに座った。試合開始前の練習では、ダルビッシュ有や阿部慎之助、田中将大といった当時の代表選手たちが身体を動かしていた。思わず、殆どガラガラのスタンドの前まで移動し、選手たちを見つめる。

そしてホームベース付近では、星野監督や山本浩二、田淵幸一両コーチの姿も。ノックなんかを眺めながら、どこか喉かな雰囲気に包まれていると思われたが、外野スタンド付近に一人のコーチが歩み寄ると、思わず大声を発する。大野豊投手コーチだった。

「大野さん頑張ってくださーい」興奮気味に叫ぶと、我々に笑顔をみせてくれて、声援にも応えてくれた。現役の代表選手達より、コーチに心躍らせたことに違和感を覚えたが、すぐに理解する。子供の頃、巨人戦で力投していた記憶が鮮明に残っているからだった。幼いころのインパクト、その印象は大人になっても消えないと確信した、夢の舞台、オリンピックでの試合前の出来事だった。(佐藤文孝)