カテゴリー
未分類

プロ野球 開幕から1週間後の先発マウンド。

開幕から1週間が経過したプロ野球。4月3日の金曜日のナイトゲーム6試合は、各チーム先発投手に興味深い名前が並んだ日となった。

九つの球団がローテーションを一回りして、開幕マウンドに登ったエースの登板となった。二度目の先発登板となった各チームの『顔』は、それぞれが好投を繰り広げた。

ヤクルトの小川、広島の大瀬良は共に試合終盤まで相手打線を0に抑え、ゲームを作りチーム、そして自身の勝利に結びつけている。また、両投手とも、打線の援護がままならない中で接戦を投げ抜いた、エースらしい投球内容となった。

対照的に、好投するも白星を手に出来なかったのは阪神・藤浪、DeNA・浜口。藤浪は6回を1失点でマウンドを救援に託すも、8・9回で5点を奪われ、チームは逆転で敗れた。浜口も6回2失点と投げ抜くも、打線が3安打に抑えられ、勝ち投手の権利を手に出来ずに2度目の先発登板を終えている。大瀬良、さらには中日の福谷との『開幕投手対決』となった二試合は、実際の内容以上に引き締まったゲーム展開に感じられた。

開幕で勝利し、二度目の先発となったこの日も勝利を挙げた唯一の投手が楽天の涌井。ベテランの今季2度目のマウンドも、やはり安定感をみせ、バファローズ打線を相手に7回を投げ5安打、9個の三振を奪うなど無失点で2勝目を挙げている。昨年の復活、飛躍を遂げ、今季もさらに大黒柱としての安定感を増していることは確実だ。試合後のお立ち台では終始、打のヒーローとなった鈴木大地を持ち上げるコメントを発し、チームの雰囲気の良さもうかがわせていた。

巨人、日本ハムの2球団は、今季に懸ける両投手の先発となった。巨人は605日ぶりの先発マウンドとなった野上。アキレス腱断裂を克服してから初の登板となったこの日の内容は6回を投げ抜き2失点。巨人移籍後、期待が大きかったものの、これまで通りの役割を果たせずにいたベテランは、充分に存在感をみせた。背番号23が今季こそ、ジャイアンツのローテーションの一角を掴めるか。

入団3年目の日本ハム、吉田輝星も「今シーズンこそ」の期待を背負い、ロッテ戦で今季初登板。だが、2回7失点。チームも計16失点で敗れた。一軍定着、先発ローテーション入りはまだまだ遠い先であり、日本ハムとしても投手陣立て直しが急務であることも実感させられた、散々なゲーム展開となった。

対するロッテは開幕のマウンドに登った二木が先発。こちらは今季初勝利を手にした。井口監督に志願しての開幕投手から一週間後、その自信通りのパフォーマンスでチームの2勝目に貢献している。(佐藤文孝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA